リボ払いで100万円以上の借金を抱えた失敗談と返済方法

「リボ払いは絶対やるな」

「リボ払いは本当にヤバいからやめとけ」

なんてことを家族や友達から言われた事はありませんか?

リボ払いはマジでやめとけって僕も思います。

何を隠そう僕もリボ払いで失敗した人間だから伝えたいです。

この記事では僕がリボ払いでの失敗談を話していきたいとおもいます。

僕のリボ払いの失敗談を読めば、リボ払いが怖くて恐ろしいシステムだという事が分かり絶対に手を出したくなくなると思うのでよかったら見てください。

目次

リボ払いとは?

リボ払いとは

リボ払いとは毎月同じ金額を返していく返済方式です。

月1万円とか2万円とか決まった金額を返して元本(借金の残高)を減らしていくというシステムです。約15%ほどの手数料も取られます。

手数料は元本が増えれば増えるほど大きくなります。

分割払いとの違い

分割払いは、一つのサービスに対して分割なので支払う回数も決まっています。

3万円のゲーム機を3回払いで買うと10000円と手数料を3ヶ月払うといった感じですね。

あくまで分割払いはその買った物に対しての分割払いなので支払い終わる期限が決まっています。

もちろん、別の商品をさらに分割で買えばその商品に対して3回払いとか24回払いとかを別に支払う事になります。

リボ払いのメリットとデメリット

リボ払いのメリットは、月の支払いが大きくならない事です。

どうしても欲しいゲームがあるけどそれを使うと来月が苦しくなるといった時もリボ払いで支払えば今月も来月も同じ金額で乗り切る事ができます。

ほんとうに魔法みたいなカードですね笑

リボ払いのデメリット

リボ払いのデメリットは、使い方を間違えると返済地獄に陥る点です。

リボ払いは毎月一定金額と手数料を支払ってお金を返す返済方法という話をしました。

毎月1万円のリボの設定にしていて、毎月1万円以内の買い物なら元本も減っていきます。(それでも毎月手数料は元本がある限り取られます。)

逆に毎月1万円以上の買い物をしていれば、元本(借金)は膨れ上がり気がつけば限度額まで使っている点です。

ここからは僕がリボで失敗した話をします。

僕がリボ払いで100万円以上借金を抱えた失敗談

はじめてのリボ払いは少額だった

当時僕は手取りが12〜13万円ぐらいのフリーターで生活費がとても苦しかったのをおぼえてます。

その時の僕の生きがいはゲームをやる事でした。その時ハマっていたのは月額課金制のオンラインゲームで月1000円ぐらいで遊び放題でした。

月1000円で遊べるという事で給料の安い僕にはとても助かっていました。

毎日オンラインゲームを楽しんでいると、PS4の発売が発表されました。

貯金もほぼなかった僕は当然一括では買えません。

どうしても欲しかった僕は、月1万円の支払いで大きな買い物ができる魔法のカードを使いました。僕はリボ払いを使ってそのゲーム機を買ってしまったのです。

リボ払いの元本が気づかないうちに膨れ上がる

ゲーム機を買った僕は当然のようにリボでソフトも買いました。

プレステのゲームは本当に面白くて毎月ゲームを1本ないし、2本購入していました。

頭の片隅で月1万円ぐらいならトントンだよねと思ってました。

この甘い判断が間違いでした。

僕はこの時元本がどんどん膨れ上がっていることから目を背けてしまいました。

毎月返済額以上に使っているので考えれば分かりそうなものですが、借金について考えたくなかったってのが正直なところだと思います。

気がつけばリボの残高は100万円に

最初にリボ払いをはじめてから数年が経ちました。

この頃のリボの残高は、はじめた頃よりさらにひどい事になっていました。

毎月のゲームを買うだけではなく、ソシャゲに課金たり、女の子と遊ぶために使ったり、僕は限度額までお金を使い続けてました。

限度額に近づくにつれて僕はクレジットカードを作っていたのです。

そのカードの枚数は4枚ほどで、限度額まで毎月使っていました。

ある日、クレジットカード会社から連絡がきました。

「支払いが確認できませんでしたので、◯◯日までにお支払いください」

僕はこの時に自分の銀行の口座にお金がない事に気づきました。

この時初めて僕は借金の状態を把握する事になったのです。

結果4枚あるクレカの返済額は毎月6万円、手数料は10000円以上 元本の残高は100万円以上ということが分かったのでした。

リボ払いなんて使わければよかった

僕はリボ払いを使ってしまった事とここまで放置して来た事を今でも後悔しています。

この時はゲーム機を売ったりしてなんとかしましたが、結局リボの返済には約1年以上かかってしまいました。

今でこそ普通に暮らせてますが、借金を抱えながらの生活はお金の面だけじゃなく精神的な面でもかなり辛かったです。

恥ずかしくて誰にも言えないし、将来どうなるか不安だし、後悔で夜も眠れない日も多かったのを覚えてます。

リボ払いで借金を返済するためにやった事

僕がリボを返済するためにやった事を簡単に説明したいと思います。

クレカの使用状況の確認

僕が最初にやったのはクレジットカードの使用状況の確認です。

今何に使っていて、使わなくて良いかを考えました。

月々のスマホ代を格安simとかに替えたのもこの頃です。

余計なサブスク、ソシャゲの課金も辞めました。

固定費の見直しなどはリボ払いに手を出してなくてもおすすめです。

結構削れるところがでてくると思います。

リボ払いをやめる

当たり前のことなんですが、リボ払いもやめました。正確に言うと自動的にリボ払いになる設定をやめました。

僕がリボ払いで元本を減らせなかった理由は、カードを使うと勝手にリボ払いなる設定だからです。

使った分は、翌月や翌々月の支払い分で請求されるようにしました。

※このときにリボの設定を解除したら、今までのリボ払い分も請求されるじゃないかと思う人もいると思いますが大丈夫です。

毎月の返済額は変わらないのでお財布事情に合わせて返済すれば良いと思います。

リボ払いの返済+5月に使ったクレカ代みたいな請求になります。

毎月の支払額はもちろんクレカを使えばもちろん大きくなりますが、使っている感覚があるので意識してお金を使わなくなりました。

繰越返済を利用する

クレジットカードには繰越返済という返済方法が用意されてる事が多いです。

残っている金額を一括で返済する一括返済と一部の金額を返済する一部返済があります。

僕はなるべく早く元本を減らしたかったので、資金に余裕ができれば繰越返済をしていました。

元本を早く減らすことで手数料も減らしていくことができるので、繰越返済はどんどん使うべきです。

メルカリで物を売る

僕は、家で売れるものは大体売りました。結構色々なものが売れます。

ゲーム機、ゲームソフト、テレカ、本、タブレット、ワイヤレスイヤホンなどなど。

10万円ほどメルカリでお金を作ることができたので、前述した繰越返済を使いました。

意外と簡単なのでおすすめです。スマホ1台で簡単にできますよ。

副業をはじめる

本業だけじゃ足りないと思った僕は、副業もやってみました。

月1万〜2万円ぐらいを僕はクラウドソーシングサービスといったところでがんばって稼いでました。

時間さえ投資できれば割と誰でもお金を稼ぐことはできると思います。

興味のある方はランサーズやクラウドワークスで検索してみてください。

クラウドソーシング「ランサーズ」

リボ払いで借金を抱えた感想

リボ払いで借金を抱えるのは本当に人生の無駄だと思いました。

メンタルが苦しくなりし、未来の自分が苦しくなるし、使わなくて良い事にお金使うし、何も良いことがなかったなと。

ただ返済する途中で色々とお金の勉強ができたし、今までできなかった事ができるようになるっていう体験ができたのは良かったですね。

リボ払いは絶対にやめましょう^^

お金の事に関しては両学長の「お金の大学」を読んでみてください。僕がお金の勉強をするきっかけになった良書です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代の普通のサラリーマンです。習慣化の力で半年で約20キロやせたり、1年で約100万円以上あったリボ払いを返済したりできました。僕がやっている人生での改善方法などのブログを書いてます。節約、健康、お金など役立つことがあればどんどん書いていきます^^

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる